罪と罰.com 概要
 

 
- できること - 注意事項 -
 
- 取り扱い説明書に戻る - タイトルへ戻る -
 

■ できること
 
基本的にこのゲームは、自由です。
やらなくてはならない事は、ありません。
おおまかに、以下のような事ができます。

 
・《自分を鍛える》
 →レベルアップや能力の購入で、自分を強くできます。
 →↑に必要な経験値やお金は、修行、戦争での勝利、国からの給料などで得ることができます。
 →また、かなり強くなると「討伐」で魑魅魍魎を倒してレアアイテムをゲットできます。
 →ちなみに、HPとMPは何もしないで待ってれば1分に1ずつ回復します。診療所でも回復できます。

 
・《国に仕える》
 →「仕官」コマンドで特定の国に仕えることができます。
 →国に仕えると、「内政」「戦争」「軍事」が行えるようになります。
 →また、「作戦会議室」にも行けるようになります。
 →さらに、6時間以上経過すると給料が数千程度もらえます。
 →ただし、仕官している状態で他国に仕官すると、階級がいくつか下がります。
 →ので、最初に仕える国を決める際は、「交流広場」でいろいろな情報を聞いて吟味した方が良いかも知れません。

 
・《国のために働く》
 →「内政」「戦争」「軍事」を行い、仕えてる国のために働きます。
 →「内政」で自国を強くし、「戦争」で相手から国力を奪い、「軍事」で相手国を弱めます。
 →国力が一定値を超えると全国統一となりますので、それを目指して働きます。

 
・《極める》
 →「討伐」で魑魅魍魎を250回倒すと、称号を取得できます。
 →「内政」や「軍事」は、数多く行うと効果が上がり、称号も取得できます。
 →「戦争」で勝利し、その結果自国が全国制覇できた場合は、その戦争勝利者は称号を取得できます。
 →レベルが100を超えた者は、「転生」が行えるようになります。

 
・《コミュニケーション》
 →「交流広場」「作戦会議室」「通信」などで、他のプレイヤーと交流できます。
 →「交流広場」は全員参加できる掲示板、「作戦会議室」はその国の人のみの掲示板、
 →「公式条約」は全国の全員や管理人宛の掲示板、
 →「通信」は特定の相手(名前で指定)か自国の全員宛にメッセージが送れる機能です。

 

■ 注意事項
 
「討伐」はかなりレベルがあがらないと勝てません。
 負けると貢献値が下がったりしますので、始めは「討伐」は行わない方が良いです。

 
・携帯での「修行」は、パソコンでの「修行」より経験値もお金も2倍もらえます。
 これは、携帯ユーザーが修行しづらいことの救済処置です。

 
・修行は、150回行うと「内政」の内の「農業」「商業」「徴兵」のどれかを行わないといけなくなります。
 「セッションが限界です」と表示された場合、「内政」の上記3つのどれかを行ってください。

 

 
■ タイトルへ戻る